ハヤ@ブログ

テーマは「明日全てが奪われても、生きていける」ようなブログです。読書や経験から勉強をアウトプットしています。(もちろん好きなことも書きます。)

【文章術】後悔しないための文章の「型」を覚えましょう

 

f:id:h-hayat0358:20210810220937p:plain

 

こんにちは!ハヤです。

 

前回は「シンプルに書く」でした。

 

文章はシンプルに、1文60字以内で、ワンセンテンス・ワンメッセージを目指します。

 

ちなみに前回の記事です。

 

h-hayat0358.hatenablog.com

 

今回のテーマは「型」です。

 


 

◆目次◆

 


 

「型」とは文章の流れを示すパターンのことです。

 

「型」を使うメリット6つ

 

メリットは6つあります!

 


 

①どの内容を、どの順番で書けばいいのかわかる

②書くスピードがアップする

③文章の流れが良くなる

④情報のモレがなくなる

⑤論理展開が壊れにくくなる

⑥結論がはっきりする

 


 

以上のメリットから、頭に浮かんだことを書くより、

型に合わせて書いた方がより伝わりやすい文章になります。

 

個人的に①番が大事だと思っています。

文章を書く上でムダな考えを減らすことができるからです。

 

文章を書くことは、エネルギーを使う作業だと思っています。

書く手前で頭の中でゴチャゴチャしていたら手が止まってしまいます。

 

型を知って入れば書く順番がわかるので、

文章の組み立てに苦労することがなくなります。

 

ブレイク:武道の「守破離」 という言葉があります。

 

守破離とは武道の型自分のモノにしていくことです。

 

「守」で型を学び「離」に行くころは自分のモノとして身に付いているでしょう。

 

文章も同じことが言えるのではないでしょうか。

文章の型いわゆる基礎を学び、どんどん使っていく。

離に行くころあなたはオリジナルの型を身に付けるでしょう。

 

学校では文章の書き方は教えてくれないでしょう。

「学校が教えてくれなかったらから、文章が書けない」

環境のせいにしてても、何も始まりません。

 

これから紹介する文章の型を使えば、文章を書く時の迷いはなくなるでしょう。

しかも文章のプロフェッショナル達が使っていますから間違いないですね。

 使うか使わないかはあなた次第です。

 

①逆三角形型

 

結論を先に述べてから、説明する型です。

 

結論を先に出すメリットがあります。

 

①情報を的確に伝えられる

②読み手の時間をとらない

③文章の書き出しに悩まない

④文章を短くする場合、結論を削らずに済む

⑤読み手の関心が高くなる

 

読み手に考慮するために結論を先に述べることがわかります。

 

②PREP法

 

最初に結論を述べ、次にその結論に至った理由と具体例を述べます。

最後にもう一度結論を述べる型です

説得力を高めたい時に使います。

 

  1. P:Point  (結論)「~の結論は~です」
  2. R:Reason (理由・根拠)「理由は~だからです」
  3. E:Example(具体例・もっと詳しく)「例えば~と言う例があります」
  4. P:point  (結論)「従って~は、~になります」

 

実際にブログを書く時に箇条書きで、構成を考えることをオススメします。

 

例えば、

  1. 結論:私はお笑いが好きです。
  2. 理由:なぜなら、笑うと元気になるからです。
  3. 具体例:コントや漫才を見て、笑うことで元気になれます。
  4. 結論:だから私はお笑いが好きです。

 

この型は、ブログを書く時も使えます。

SNSでブログ関係の発信している人はよく文章術でPREP法について述べています。

 

「逆三角型」と「PREP法」の違い

 

どちらも結論を先に伝え、補足説明するところまでは同じです。

 

違いは説得力です!

 

  • 逆三角型の結論は補足に近いです。
  • PREP法で結論を2度書き、根拠を明確にして主張を裏付けします。

 

逆三角型よりもPREP法の方が、説得力が生まれます。

 

 ③三段型

 

序論➡本論➡結論で文章を展開する型です。

 

説得力を高めたいときに使います。

主にビジネス文章や実用文、論文を書く時に使います。

 

三段型の原則は「結論はあと」です。

 

論文に求められるのは結論の正しさではなく、結論までの展開の正しさの方が大事だからです。三段型は結果よりもプロセスの方が大事だということです。

 

  1. 序論:扱うテーマと問題点の提示(疑問文を立てる)
  2. 本論:問題の原因を分析
  3. 結論:結論(解決策)を提示

 

その他①

 

著者たちが文章指導をする際に実際に教えていた型を紹介します。

 

文章を書くときにこの4つの要素を意識します。

PREP法のPointが「主題」と「提案」に変わっているだけでほぼ同じですね。

 

  1. 主題:何について書いた文章なのか、伝えたいことは何か。
  2. 理由:なぜそれを伝えたいと思ったのか。そのように主張する根拠は何か。
  3. 具体例:実際にどんなエピソードがあったのか。
  4. 提案:読者へのアドバイス、メッセージ。

 

この4つの要素を決められた順番で書くことが明らかになり、執筆経験がなかった学生でも、文章力がアップし、順序立てて文章を書くことができるようになったそうです。

 

その他②

 

起承転結です。小説や4コマ漫画に多い型です。

 

  1. 起・・・話の導入
  2. 承・・・転に向けて話を進める
  3. 転・・・急展開、逆転、クライマックス
  4. 結・・・オチ

 

その他③

 

イントロダクションパターンです。

ブログを書く時にオススメの型です。

 

構成

  1. イントロダクション(導入)
  2. コンテンツ1
  3. コンテンツ2
  4. コンテンツ3
  5. まとめ

 

私はブログの構成を考えるときにこの型を使うようにしています。

流れとしては大見出しから考え、小見出しを考えます。

すると書くことが自然と固まってくるのでオススメです。

 

大きいところから小さいところへ…

 

まとめ:型の活用は文章力を身に付ける1番の近道です。

 

スポ―ツや楽器演奏で初心者が最初にフォームを覚えます。

 

文章も同じことが言えるのではないでしょうか。文章は型を覚えることが上達するための近道になります。

 

まず型を覚えて当てはめてどんどん書いていくのが、効果的だと思います。

 


 

◆型まとめ◆
  • 文章力は、型を覚えることが近道です。
  • 逆三角型
  • PREP法
  • 三段型

 

いかがでしたか。文章力の向上を一緒に目指しましょう。

というわけで今回は以上です。ありがとうございました。

 

◆関連記事◆

 

h-hayat0358.hatenablog.com

 

h-hayat0358.hatenablog.com

 

h-hayat0358.hatenablog.com

 

h-hayat0358.hatenablog.com