ハヤ@ブログ

フリーダムブログです。読書や経験から情報を発信しています!あなたと知識を共有できたらうれしいです。

【勉強】WEBマーケティングをしたい人のためのブログ

こんにちは!友人から自由なイメージがあると言われているハヤです。

 

「マンガでわかるWebマーケティング」から紹介したいと思っています。

 初心者向けの本でマンガでわかりやすかったです。

 

こういうあなたにオススメです。

  • WEBマーケティング業界の世界に入りたい
  • どんなことをやるのか知りたい
  • 入る前になんとなく知っておきたい

 

私もまったくの初心者です。業界に入る前にブログでアウトプットしながら、マーケティングを勉強している状態です。可能であればWEBマーケティング会社に入りたいと思っています。

 

――― 目次———

 

1、WEBマーケティングとは何か?

WEBマーケティングとは「売上が上がるための戦略、考え方、それを実現させるための仕組み、施策、運用手段の全て」をWEBで行うことを定義しています。

 

ただ、WEB担当者によっては意味が違うのも現状です。

 

WEBマーケティング4つの仕事に分かれます。

①メーカー/事業会社

②ネット系事業会社

③広告代理店/コンサルティング会社

④システムソリューション提供会社

 

もしあなたがどういうところに入りたいかを考えてみましょう。

 

2、知っておきたいこと (知識面)

デジタルマーケティングで使われる指標

PV(Page View)

WEBサイト内で見られたWEBページ数のことです。

これはWEBマーケティングでもっとも基本的な指標です。

 

PVの調べ方はアクセス解析ツールというもので実際の数値を計測することができます。メジャーなツールは「Google Analytics」です。他にも有料で色々な会社が提供しています。

 

PVはページが表示された回数。

  

UU(Unique User)

重複をカウントしないユーザ―を指します。PVと同じくらい使われる指標であります。本当のページに訪問した人の数を表します。

 

例えばあるWEBページをあなたとハヤ(記事作成者)の閲覧からPVとUUを簡単に求めたいと思います。

あなたはサイトを3回閲覧し、ハヤは2回閲覧しました。

よって

PV数は3+2=5

UU数は1+1=2

 

PV数は5になりますが、何人のユーザーがみたかわかりません。

そこで、重複したユーザーを抜くとUU数は2になり本当にページに訪問した人がわかります。

 

必要に応じて使い分けると良いらしいです。

 

セッション数

訪問回数のことです。WEBサイト全体の訪問回数を表します。

PV数とは若干違います。

 

例えば、あなたが午前と午後でWEBサイトに訪問します。

するとセッション数は2、UU数は1になります。

 

セッション数はユーザーがサイトに訪問した回数です。

 

デジタルマーケティングに使われる指標

「1人あたりPV」や「1人あたりのセッション数」を使います。

2つともUUで割ると求めることができます。

 

1人当たりの指標は量よりも質を評価する場合に有効です。

 

目標を達成するのに必要かもしれません。

 

CVR(Conversion Rate)

WEBサイトへのアクセス数のうち、購入、申込につながった数をUU数またはセッション数で割った数値のことです。

 

つまり、アクセス数のうちユーザーが買ってくれた数です。その数を割合にしたものです。

 

分母の使い分けはどちらが正しいというものではありません。その都度選ぶイメージですね。

 

CTR(Click Through Rate)

ユーザーに表示された回数のうち、クリックした回数を割合で計算することです。

クリックされた数が、母数に対してどれだけの割合かということです。

 

Twitterにも他の人のツイートを見に行くと、相手のインプレッションに反応がきます。

 

CTRはクリック数と覚えましょう。

 

3、KGIとKPI

1.KGI

目標を達成するために達成度を数字に表したものです。

 

2.KPI

目標達成を目指すうえで、実際の行動の目安となるようにわかりやすくした数値のことです。KGIの達成の達成のためにKPIはあります。

 

例えば、KGIを達成するために、KPIをCVRやCTRに設定し、実際に計画し実行します。そこで1つ1つのことがちゃんとできているかをKPIの達成度で計ることができます。

 

イメージはKGIが「結果」。KPIが「達成するための過程」

と思うと良いかもしれません。

 

とにかくKGIを達成するには、KPIの存在が必要不可欠になります。

 

3.マーケターにとってのKPI

マーケターにとってKPIを決めたり、管理したり、検証方法をつくることは大切なことです。

 

それほどKPIが大事だということがわかりますね。

 

4、WEB上のトラブル

①WEBサイト

サイトダウン、リンク切れなど

②メール関連

メールの誤送信、ウイルス感染など

③SNS、他のサイト

SNSの炎上など

コンプライアンス

個人情報流出、規約の内容など

 

こういうトラブルがあるんだな~くらいで見てください。

 

5、業務上での失敗

 成功要因もあれば、失敗もあります。成功、失敗にしても、常に変わらない普遍的で本質的な要素が必ずあります。成功もそうですが、失敗からの学びは苦い経験だけに記憶に残る質が得られます。

 

すべての人に共通します。

 

 失敗はしてしまうものです。失敗したら、冷静に原因を分析し、再発を防止することを考えましょう。反省しても、後悔するなです。

 

6、自分が入りたい業界の研究をすることは大事だと思います。

知識が少しでもあれば、仕事へのモチベーションも変わるでしょうし、就職、転職した際のギャップを埋めやすくなるかもしれません。

今回私はWEBマーケティングを調べましたが、もしあなたが他の業界に興味があるなら、よく調べることが大切だと思います。

 

7、前回記事

 よかったら見てください!

h-hayat0358.hatenablog.com

 

今回は以上です。追加の情報があれば、更新したいと思います。

ありがとうございました。また他の記事でお会いしましょう。