ハヤ@ブログ

テーマは「明日全てが奪われても、生きていける」ようなブログです。読書や経験から勉強をアウトプットしています。(もちろん好きなことも書きます。)

マーケティングプロフェッショナルの視点 音部大輔 【書評】

こんちには!ハヤです。最近、心霊スポットに行く動画を見るようになりました。

動画を見てるうちに、本当に怖いのは人間なのかもしれないと感じました。

 

私は読書から学んだことを、ブログでアウトプットしている者です。

よろしくお願いします。久しぶりのマーケティングの知識を共有できれば幸いです。

 

 

久しぶりのマーケティングのアウトプットです。

マーケティング7冊目

 

マーケティングプロフェッショナルの視点 音部大輔

からアウトプットしたいと思います。

 

ーーー目次ーーー

 で進めていきます。

 

1、誰向けの本?

 マーケティングの担当に向いていると思います。

実戦経験がある人は良く分かるのではと思います。

私は、マーケティング経験とストックが少ないのでこの本は少し難しく感じました。

 

2、どんな内容

主に著者の実際に関係した組織や、メンバーの経験を通して得られたマーケティングの知見や視点の共有を狙った内容になっています。

 

3、著者について

音部大輔氏はクー・マーケティング・カンパニー代表取締役です。17年間P&Gジャパンに在籍中、ブランドマネジャー、マーケティングディレクターとしてアリエール、ファブリーズ、アテント、パンパースなどのブランドマネジメントを経て、US本社セントラルチームでイノベーションに関する知識想像プロジェクトチームのマーケティングサイを主導する人物です。

 

4、学んだこと

1.商品=製品+ブランド

 

商品は製品にブランドが合わさって出来るものを表した公式です。

 

商品と製品に似ていると思う方がいるかもしれないので、違いを説明しますね。

製品とは、工場で作られたもの。

商品とは、製品にブランドが付いたもの。

どちらも同じモノです。私たちは「商品」を買っています。

製品があるから商品が成立します。商品がなければ、製品はありません。

 

他にこんな公式があります。

価格=原価+利益

 

製品を作るには材料や、人件費、その他諸々の費用が必要です。

製品をつくるためにかかった費用を原価と言います。

会社はこのまま販売するわけにはいきません。会社は利益は取れずに赤字になってしまうからです。なので、会社は損しないように原価に利益を足します。

するとようやく売り上げることができます。

 

この2つの公式はなんとなく似てると感じませんか。

イメージは「モノ目線からみた式」「金額からみた式」でするとわかりやすいです。

 商品は価格で販売され、製品は原価で完成し、ブランドはその製品に対する利益と同じという風に見ることができます。

 

 商品=製品+ブランド≒価格=原価+利益が成り立ちます。

 

 

2.成長とは

成長とは昨日できなかったことが明日できるようになることです。

理由は自分の経験のストックが増えたから、また自分や他人の失敗や成功から学習したかもしれないからです。

 

正直、マーケティングとはあまり関係ないです。個人的に良いなと思ったので書きました。

 

ここ最近家にいることが多いですし、自分ひとりでいる時間が多いので、1日の終わりをどう過ごすかは自分次第という状態にあります。だらだら過ごしてもいいですし、勉強したって良い。社会人の人に怒られてしまいますね。

私は根は真面目なのでルールを決めています。

 

私は成長に関して毎日意識していることがあります。

それは「1日1個新しいことをする」です。なんでも新しいことをやってみることです。

 

今日は1個これをやる→明日は1個これをやる→明後日はこれをやる

 

という具合にやります。

すると1か月間積み重ねていくと1か月前のあなたよりも、1か月後のあなたの方がずっと成長していることがわかります。

これを特定のジャンルに活かすといいかもしれませんね。私ならこのブログや筋トレ、ランニングなどで活用しています。

ブログなら昨日よりも、新しい技術を試してみる。

筋トレなら重量を昨日よりも、ちょっと重くしてみる。

ランニングなら昨日よりも、距離を増やしてみる。

 

何か新しいことに挑戦し、昨日のあなたよりも成長してみてかかがでしょう。

 

5、まとめ

今回、商品は製品にブランドが乗っかってこそ成立すること。

そして成長は、昨日の自分よりも成長することを書いてきました。

今回はマーケティングに若干、反れたかもしれません。1個目はちょっと会計の話に派生しています。知識として知っておいて損はないので書きました。いつかどこかで役に立つと思うのでとにかく私は勉強したことをアウトプットし続けたいと思います。

 

今回は以上です。ありがとうございました。