ハヤ@ブログ

フリーダムブログです。読書や経験から情報を発信しています!あなたと知識を共有できたらうれしいです。

筋トレが最強のソリューションである Testosterone 久保孝史【書評】

 

こんにちは!松本人志のすべらない話が好きなハヤです。

 

読書から学んだことをブログでアウトプットしているものです。よろしくお願いします。今回は筋トレについて書きたいと思います。

私も中学生の時の自宅筋トレから始まり、現在のジムの筋トレに至ります。

ゴリゴリのマッチョより引き締まったマッチョになれるように、筋トレしています。

数年後友人と会う時に、友人の姿が変わり果てた一方で、私はほぼ変わってない状況になれるまで頑張っています。女性みたいなこと言いますけど、男です。

 

 

最強のソリューションである 

Testosterone 久保孝史 文響社

からアウトプットしていき、みなさんと知識を共有できれば幸いです。

 f:id:h-hayat0358:20210612233125j:plain

目次

 で進めていきたいと思います。

 

 1、誰向けの本?

何か悩みを抱えている人に読んでほしいです。

例えば、仕事がうまく進まないと思う人、自分に自信がない人、恋愛に悩む人、コンプレックスがある人らに読んでほしいと思います。

 私は、筋トレの効果を知りたかったのと、改めて筋トレをするとモテるというページを見つけて速攻買いました。

読み終わったら、ダンベル持ってます。

 

2、どんな内容?

 筋トレをしたくなるようなことが書かれています。

 

3、著者について

2人紹介します。

 

 著者のTestosterone氏は学生時代に肥満児だったが、アメリカ留学中に筋トレと出会う。そこで40キロ近いダイエットに成功する。大学時代に総合格闘技をしていてトッププロと生活し、最先端のトレーニング理論とスポーツ栄養学を学びます。現在はアジアの大都市で社長として働きつつ、筋トレ、正しい栄養学の知識を日本に普及させることをライフワークにしています。

容姿はイラストで、サングラスをかけたムキムキの男性になっています。

 

著者の久保孝史氏は、大学施設のトレーナー、ラグビー部のS&Cコーチを経て、現在は都内の大学バスケット部のS&Cコーチ。専門分野はトレーニング科学。スポーツ科学修士保有資格は認定ストレングス&コンディショニングスペシャリストと

スポーツのスペシャリストであります。

 

4、学んだこと

①最高のループに乗れる

筋トレをしたら最高のループに乗れるというのは気になりますよね?

私はこれを読んだ瞬間、いつも以上に筋トレすることにワクワクしました。

 

それは

筋トレ→良い体ゲット→自分を好きになる→筋力UP→自信がつく→異性に積極的にアプローチ→モテル→さらなる自信→様々なことに挑戦圧倒的成長→自尊心が高まる→性格がポジティブに→ポジティブな人が周囲に集まる→人生最高

 

 私が気になったところを色を変えました。

1つめの「自分を好きになる」は私は元から自分に自信がないので、目に留まりました。

これは、筋トレで良い体を手に入れることで解消出来ることができました。体の変化が表れていく様子が好きです。ただ、筋トレの日を空けてしまうとまた自信がなくなってしまうので、定期的にジムに行くようにしています。

 

2つ目の「異性に積極的にアプローチ」は長年恋愛をしていなかったので、自信が付けばアプローチ出来るようになるのかと最初は納得してました。

ただ、筋トレしても私の性格的にまだまだ受け身な自分がいるところが現状です。おそらくここは別の原因を追求した方が良いかもしれないです。

 

3つ目の「様々なことに挑戦できる」は筋トレを始めてからかわかりませんが、さまざまな分野の勉強や行動をするようになりました。

行動面としては、ランニングやプロテインを飲む習慣、フォームローラーを買って動画を見ながらストレッチするようになりました。

勉強面では、ビジネス、会計、マーケティング、投資、体、ブログ、教養等を勉強するようになりました。

この良い習慣は筋トレをして、さらなる自信につながったからさまざまなことに挑戦できるようになったと思いますし、これからもどんどん幅を広げたいです。

 

4つ目の「圧倒的成長」は私が成長という言葉が大好きだからです。昨日の自分よりも今日の自分を上回り、さらに明日の自分は昨日、おとといよりも上回っていたいという考えがあるので、筋トレを引き金にこんな素晴らしいループが回るならやるしかないなと思いました。

 

以上が筋トレをすると良いサイクルができるという話でした!

この話の時点で、筋トレしてみてはいかがでしょう。

 

②文武両道の人間

文武両道の人ってうらやましいですよね。

私は反対で1つのことをに集中しないと失敗するタイプでした。学生時代、2つの資格を同時期に取るという目標を決め、勉強したのですが、両方とも中途半端な勉強に終わり、結果両方の試験に落ちましたことがありました。まさに「二兎を追う者は一兎をも得ず」ですね。

 

ただできる人は違います!

文武両道が出来る理由は「良い習慣」を持っているからです。

自分のゴールを設定し、計画し、計画を実行するための時間を作り、実行し、結果を分析、軌道修正し、次回に望みます。

「PDCA」が無意識にできています。

ちなみに「PDCA」とは自分の目標を達成するために、計画、行動、実行、改善を組みそれぞれ英語の頭文字を取った言葉になっています。やってみると簡単そうに見えて実は難しかったりします。筋トレをしている人ならPDCAをもっと知りたくなると思います。(➀最高のループから)

 

例えば、「ベンチプレスを120㎏持ち上げたい」となった時、まずトレーニングメニューを考え、どんどんトレーニングをする、改善点があれば次回のトレーニングに活かしそれを繰り返していく。

 

ベンチ120㎏持ちたい(目標)→計画を考え、時間を作る(P)

→トレーニング(D)→結果、分析(C)→反省点、次回のトレーニングに活かす(A)

 

文武両道ができるのは、ちゃんと勉強のPDCAをしっかりと回し、部活面のPDCAも回せていたから、実現できたことなんですね。器用ですね。

 

私は恥ずかしながら試験の時は全くできておらずやみくもに勉強を行っていました。そこに敗因があったのかと思いました。ただ筋トレをするでけでは効果はないです。

 

達成プロセスの本質はどれでも当てはまります。

これが習慣化できれば、勉強、営業のノルマ、トレーニング、趣味の上達なんでもできるようになります。万能な人になれます。ここからもモテ要素ができますね。

 

 筋トレで何か自分の目標をもってトレーニングしてみてはいかがでしょう。

 

 

③筋トレすると自信がつく

このページも「自信」という単語を見つけて書きました。

私はおそらく、筋トレをすることでのプラスな理由をたくさん欲している状態ですね。

 

さっそく

筋トレすると自信がつく理由3つ

テストステロンがあふれる

上司も葬る事ができる

体がかっこよくなる

 

➀のテストステロンとは、著者の名前ではなく自分の体から出てくる成分のことです。

 テストステロンとは男性ホルモンの1つであります。

効果は男性機能の維持、筋肉量を増やしたり、筋肉を大きくさせる作用、集中力やリスクを取る判断をする機能らに関係しています。

だから筋トレをするとこれらがあふれ出てくるということですね。

話によると20代をピークにして、どんどん減少していくらしいです。そうすると自分の力であふれさせるようにする必要が出てきそうですね!

 

 

ちなみにこのテストステロン女性にも少なからず存在しています。

加齢とともに減っていくと年相応に衰えていくことがわかったので、

今からでも筋トレをしてテストステロンを溢れさせてみてはいかがでしょう?

 

 

②はパッと見た感じ暴力的ですよね。

ですけど会社に属したら、そう思わないとやっていけない場面がでてきます。

私の職場には、通称学歴マウントネチネチ上司がいました。

1度で怒るのではなく、何回もネチネチ言うタイプでめちゃくちゃ相手が悪かったです。学生時代なら喧嘩すればいいなんて思うかもしれませんが、ビジネスなのでそうはいきません。今後のことを考えるとぞっとします。そこで、筋トレをしました。

通勤前、帰宅後と筋トレをして次の日の会社に望み、「いつでも殺すことできる」という心持ちで行きました。おかげで大半は穏やかに過ごせました。だが、それでも精神的に参ることはありました。ただもう少し本格的に筋トレしてたら耐えられたかななんていまは思います。

また、他の少し怖い上司には「ハヤ君体ごついから怖い」と逆に言われたことがあったので別の意味で効果はあったのかなと思います。ごつい上にネチネチを言えるのだから相当な勇気だったと思います。

もし筋トレをしてないなかったら、仕事が辛すぎてうつ病になり、退職代行を依頼するという未来と負のサイクルが見えた気がします。

 

だから筋トレをするとメンタル面でも強くなれるので、してみてはいかがでしょうか。

 

③はもう言うまでもありません。個人的にお腹が出ている人は基本だらしがない人だと思っています。年齢がとかという言い訳をする人は余計嫌です。

私はモデルではないので、体を披露する機会はないのですが、ただいつかのために鍛えといて損はないかなと思います。

 

 体を鍛えて、いい体を手に入れ、モテるようになりましょう。

 

 

5、まとめ

 筋トレの①最高ループ文武両道の理由自信がつく理由についてまとめていきました。他にも載せたいことはあったのですがハヤ史上のトップ3をまとめさせていただきました。本プラス私の経験も載せているので、少しリアリティが増すかなと思います。

この本を読んだときにまっ先に精神的な病気をしている方に筋トレは有効なのでは?と思いました。私の説ですけど、筋トレしている人でうつ病の人はあまり知らないですし、あと日焼けしている人に太っている人はいないというのを持っています。

何か悩みの解決策を探している人に読んでもらいたいなと思っています。

 私も日々筋トレをしてますが、今後も良い方向に行くことを信じて、続けていきたいと思っています。

みなさんも始めてみてはいかがでしょうか。

 

今回は以上です。ありがとうございました。また次回お会いしましょう。